そもそもお宮参り(お初まいり)とはどういうお祝いですか?

お宮参りの本来の意味は生まれた子供の地域の氏神様への氏子入りにありましたが現代では赤ちゃんの健康と無事の成長を願う参拝に変わってきました。
男児は生後31日目に、女児は33日目に行う場合が多い様ですが地域により異なります。
最近ではだいたい生後30日を過ぎた頃、赤ちゃんとお母さんの体調の良い頃、気候の良い時期やご家族皆様のご都合の良い日を選ばれる方が多くなりました。
寺社でお子様の健やかなご成長をお祈りし、大石堂写真舘にて記念写真撮影をしていただき(または先に写真撮影のあと寺社でのお参り)、ご家族お揃いでのお食事会を持たれるお客様が多いようです。
ちなみに善光寺さん(大勧進さん、大本願さん)ではお寺さんですのでお宮参りではなく、「お初まいり」と呼んでいらっしゃいます。

PAGE TOP